読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FEELIN' GOOD!!

洋服|音楽|インターネット|などいろいろな|生活のなかの|どうでもいいけど楽しいことに|自分なりに|マジになってみたり|そんなブログです

今日の服|ジャケパンスタイルに刺し子デニムのコーデ

こんにちは。
3月も半ばを過ぎ、来週には東京でも桜が開花するみたい。

個人的に、2月は重々しい空気とともにゆっくりと過ぎていった感があったのですが、
3月は本当にあっという間に時間が経って、なんだか頭の中がとても忙しいです。

前回かなり文章をたくさん書いた(つもり)なので、今回はライトに。。
今日着た服のご紹介。

今日のコーデ

ジャケパンスタイルに刺し子デニムのコーデ

今日出かける前にインスタグラムを見ていて、この写真を見て感化されてしまい、、
自分もこないだ買ったサンダースの靴を履いて出かけました。
履きこんでこなれた靴の形、ツヤ感...めちゃくちゃかっこいーー。
この靴の紐はこのぐらいきっちり絞るといいんだなぁ。

んで、今日はこんな感じで出かけました。

http://kinoppi528.tumblr.com/post/158507874907

アイテム紹介

ブラックウォッチのウールのジャケット。

  • デニムパンツ:Levi's

先日自分で手縫いでリペアした古着の501。裾はだいぶ前にカットオフしました。
きょう、初めて履いて外出。
リペアの経緯についてはこちらの記事に書いてます↓
kinoppi528.hatenablog.com


  • 革靴:Sanders

ネイビーのミリタリーダービーシューズ。
くわしくはこの記事↓に書いてます。
kinoppi528.hatenablog.com

この靴の色はネイビーなのですが、今日履いて思ったのは、ブラックよりネイビーのほうがつや感が弱いのかも。ということ。
とくに、少しずつできてきた履きジワの部分は想像よりも白っぽく見えるような気もしたので、
シワの部分は気持ち濃厚にクリームを入れ込むのもありなのかな、と思いました。
なんかこの靴はつやつやに磨いた状態で履きたい気分です。笑

  • ジャケットのインナーT ①:Tieasy

これ↓のカラシ色です。

凹凸のあるふわっとした独特のやわらかい生地が、とても着心地よくて好きなTシャツ。
見た目にもクラフト感というか、あたたかみがあって、コットンニットのような雰囲気もあると思います。
ボートネックは首元が自分の首回りや鎖骨の形に合わないことも多いのですが、
ここのバスクシャツは浮いたりよれたりせずに鎖骨にきれいにフィットしてくれるので好きです。日本製だからかな?


  • ジャケットのインナーT ②:Johnbull

オフホワイトのサーマルシャツで、裾がラウンドしてます。
着心地がとてもなめらかで好き。首の後ろにタグがないのもインナーとしてストレスなく着れて良いです。


  • ソックス:&life sox

これ↓の、ホワイト×グレーのボーダー。


今日のこだわりポイント


  • アイビーを崩す①

テーラードジャケットにデニムに革靴だと、アイビーというかアメトラだと思うんですが、
インを襟付きのシャツにせずに、Tシャツ2枚重ねにして少しラフな感じにしました。
サーマルシャツの裾をのぞかせて、靴と合う感じのミリタリーっぽさもチラ見せしたり。

  • アイビーを崩す②

買ったばっかりの靴にこんなパンツの合わせ方していいのかな・・・?と思いつつ、
裾をカットオフして手縫いでざくざく縫った手作り感満載のデニム(笑)と
サンダースのダービーシューズを合わせてみました。。
切りっぱなしの裾の無造作感と手縫いのクラフト感に、かっちりしたつやのある革靴。
ミスマッチなのかどうなのか…?
個人的にはソックスを薄手のボーダーソックスにして、革靴に寄せたのでまあありかなぁと思ったんですが…
アンバランス感がなんだか楽しかったです。

  • クラフト感つながり

カラシ色のバスクシャツの温かみのあるでこぼこした生地感と、刺し子のデニムの不揃いな縫い目がなんとなく相性がいい気がしなくもないような気がして。。


この靴にしても、デニムにしても、自分なりの着こなし方を模索中。。

わたしはキホン主婦業なので、自宅を中心に、自分の街の中で動き回っていることが多いから、
あまりドレスに振りすぎて気張った服装で出かけるのは自分の生活スタイルに合わない。のです、きっと。

洋服が好きだから、気に入った服を着ていると毎日がちょっと楽しくなるし、
ふとした瞬間に感じるその服の着心地だったり見た目だったりで、ああこの服やっぱ好きだな、って勝手に気分よくなったりします。。
完全自己満足ですが…。笑

・好きな服を着たい
・生活の中で、動きやすくて手入れしやすくて長持ちして着心地が快適な服が着たい

の、2つのバランスがうまいこと取れてる服を(手の届く範囲のお値段で)選んでいきたいし、自分に合った着こなし方も工夫していきたい。
行く場所、会う人、何をして過ごすかが、ランダムに変化したりすることも多いので、
シーンに応じてうまいことアジャストしながら、自分のできる範囲で、自分なりのおしゃれを楽しんでいけたらいいな、なーんて思ってます。


最後のほう、何を言ってるかわかんない感じになりましたが…笑

今日はこのへんで!

おわり。

広告を非表示にする