FEELIN' GOOD!!

洋服|音楽|アート|食|などいろいろな|生活のなかの|どうでもいいけど楽しいことに|自分なりに|マジになってみたり|そんなブログです

今日の服|真夏の原色タイダイTシャツ×ショーツのコーデ

こんにちは。
台風が去り、きのう、今日と東京は厳しい暑さ。今日は37度超えたんじゃないかな・・・。
外は、吸う空気も熱くて息苦しくなるような感じでした。
酷暑のあとは夕方から大粒の雨・・・
日中の気温が35度を超えるとゲリラ豪雨が発生することが最近多いんじゃないかと思ったり。(個人的感覚です)

今回は、台風一過のきのうのコーディネートをご紹介したいと思います。
きのうはまさに高温多湿!の熱帯雨林のような気候でした。(行ったことないけど…)
外を歩いていると背中を汗がじとーっと伝うのがわかる感じ。
さーっとではなく、じとーっとって感じです。流れるスピードが気持ち悪い。。

さわやかさゼロの天気に触発されるように、原色のド派手なタイダイTを1枚で着て出かけることにしました。
渦巻きのような柄が台風の雲のようで、気分はぴったり、と思ってるのは自分だけだと思いますが、
暑さであまり細かいところまで気を配る余裕などなく・・・笑

後半は、イラストと音楽のトピックを少し。

それでは今回も、よろしければごらんください!

今回のコーデ

タイダイのTシャツ×グルカショーツのコーデ

赤と青のタイダイ染めのTシャツに、グルカショーツ。
暑いので帽子は欠かさず、ブレスレットとベルトは自作のアクセサリーで適当感満載です。
ラフで、ラクな熱帯コーデ。

今回は説明もなるべくカンタンにいきまーす。。

https://kinoppi528.tumblr.com/post/163945076437/タイダイtとグルカショーツ-台風一過でとても暑かった日のコーデ-自作アクセサリーを適当にじゃらじゃら

アイテム紹介


謎のポーズですが、こうするとアイテムが全部見えるかと思いまして・・・。
(暑いとあまりこだわりがなくなってくるのかも)

  • Tシャツ:GILDAN(タイダイ染め、青と赤)

メンズのMサイズ、アメリカのメーカーによくある、身幅に対して丈が長めのもの。
袖を2折りして着てます。

  • ショーツ:KIFFE(グルカショーツ、オリーブ)
  • ソックス:ROSTERSOX(ネイビーにホワイトのロゴ)
  • ハット:bor Standard(ホワイト×ネイビーのボーダーの、キャンバス地)

かなり前から持っているけど、知らないブランドのもの。MADE IN JAPAN。

  • ブレスレット:自作(ギターの弦にビーズを通したもの)

これを初めてつけて外出してみました。5連にして巻いたけどちょっとだけ長かったかな・・・


  • 腰にたらしたロープベルト:自作(端切れのデニムを紐にして編んでつくったもの)

以前載せた、これです。。

作った経緯についてはこちら

コーディネートのポイント

今回はあんまり考えてないのですが・・・
しいて言うなら、色使いでしょうか。。

- 原色のトップスを生かしつつ、浮かないようになじませる色のチョイス
トップスがのタイダイってかなりどぎついので、
ボトムスは赤の補色の緑系でコントラストをつけつつ、彩度はぐっと抑えた渋いオリーブが合うと思いました。

小物も、ブレスレットはターコイズを入れて
ロープベルトもデニムなので、系のインディゴ。
スニーカーは、系でやわらかいピンク。
ソックスと、ハットのボーダーも、系のネイビー。

あとは・・・ラフな感じでいきたかったので、自作の適当なアクセサリーをじゃらじゃらさせて、
ちょっと夏フェスっぽい雰囲気も出してみました。

台風一過の日は、空気が澄んでいて空の色がとってもきれいですが、
きのうの夕焼けの色も、こんなんでした。原色!

https://bibiricat.tumblr.com/post/163943456490/sunset-after-typhoon-201788

ざーっとですが、
今回のコーディネートについては以上です!

余談1:ファッション本の写真を見ながら絵を描いてみました

前にも書きましたが、ちょっと前に「TAKE IVY」という60年代に発売された本の復刻版を買いました。

TAKE IVY 復刻版

TAKE IVY 復刻版

アメリカのアイビーリーグの大学の実際の学生のスタイルの写真がいっぱい載っていて
解説(わたしは英語版を買ったので、写真を見ながらちょっとずつしか読めないのですが)に、簡単にスタイルの説明などが書いてあります。
ベーシックなアイビースタイルってどんなの?っていうのをちょっと勉強してみたかったので、楽しく読んでるんですが、
ふと、この中の気に入った写真を絵に描いてみれば、絵の練習にもなるし、よりディテールについて学べるんじゃないかな?と思い、
きのうと今日、1枚ずつ色鉛筆で描いてみました。
とりあえず、カンタンなスタイルから・・・

めっちゃ好きな感じのスタイルがたくさん載ってるので、また時間を見つけて描いてみたいと思ってます。

余談2:最近聴いた音楽

夏フェスシーズンでもあるけれど、わたしも夏はいつもより音楽を聴きながら過ごしていることが多い気がします。
料理作りながらとか、歩きながら、コーヒー飲みながら、、、
最近になって音楽熱が上がってきて、ここんとこは、何かをしながら1日1枚は聴いてます。
月額980円のApple Music、きっと元は取ってると思う。。

マック・デマルコ

カナダ人のミュージシャン。70年代、80年代、90年代、いろんな時代の雰囲気の音を今の感覚でミックスした感じが良いと思いました。
アルバムによって結構雰囲気が変わったり、いろんな曲調を試していたりするようなところも面白いです。
YouTubeで見たアコースティックライブはゆるすぎてそんなに良いと思わなかったんですが、アルバムはとても好きな感じでした。

「マック・デマルコ」 2010年代のインディーロックを最近ときどき聴いてます。 カナダ人のマック・デマルコ、良いです。 ローファイなギターと70-80sっぽいレトロな鍵盤の音の組み合わせとか、ゆるくてちょっとけだるいアコギのナンバーとか、かなり好み。 かなり凝ってるなーと思うけどチカラ抜けた感じが、夏向きかも。 「Salad Days」(2014) 「Rock and Roll Night Club」(2012) 「2」(2012) 「Another One」(2015) どれも良かった! Apple Musicで聴いてたのでアルバムのクレジット見てないけど、いろんな楽器を1人でやっちゃうマルチパフォーマーみたいです。 ちょっとBeckみたいな天才っぽい雰囲気感じます。この人のこと、詳しくは全然知らないんだけど!笑。 #macdemarco #マックデマルコ #todaysmusic #applemusic

TAKEITIEASYさん(@bibiricat)がシェアした投稿 -

Salad Days

Salad Days

Another One

Another One

2

2

Rock and Roll Night Club

Rock and Roll Night Club

DIIV

最近のバンドで、90年代のインディーロックの匂いがするバンド、ひさびさに見つけた気がします。
いや、よくよく聴いてみると80年代っぽい音の感じです。スミスとかR.E.M. とかそのあたり。
NYのバンドらしく、ジャケットもおしゃれでとても良いです。


Is the Is Are

Is the Is Are

  • DIIV
  • インディー・ロック
  • ¥1500

フジロック、2006年のレッチリのライブ(YouTube

勢いがあって、めちゃくちゃカッコよかった・・・
観客も盛り上がってるし。


Red Hot Chili Peppers - Fuji Rock 2006 [Full Show]

わたしがフジロックに行ったのは、この前の年の2005年、1回だけ。
当時はまだギリギリ20代だったけど、それでも苗場の山は結構体力的にハードだなと思いました。天気も荒れてどろんこだったし。笑
でも、朝から晩まで好きなステージをぐるぐる回って、適当にそのへんに座って聴いたり、最前列で跳ねたり・・・
開放的で自由な雰囲気はとっても楽しかったです!
今の体力じゃ絶対に無理だと思うけど・・・笑。

最近のフジロックサマソニはあまり見たいなーと思うミュージシャンが出演していなくて、ちょっと寂しい。
日本での洋楽人気が下火という話もよく聞きますが、フェスも日本人のミュージシャンばかりになっていて、驚きとか特別感があんまりないのが個人的に残念な気がします。。

今週のApple MusicのMy Favorite Mixがよかった

再生履歴や関連度などから、Apple Musicのほうで毎週、自動的に、自分好みの約1時間のプレイリストを作ってくれるので楽しみにしています。

当たり!のときもあれば、??なときもあるのですが、今回のはすごく良かったです。
嬉しかったのでついでにご紹介。



薬師丸ひろ子を挟むあたり、緩急あって良い選曲!笑。(探偵物語、好きです。何度聴いても名曲。)

ごちゃ混ぜ感ありつつ、なんとなく共通点がないこともないかも、な、プレイリストでした。

今回は、かなりスピードアップして書いたので、
文も何もかもざっくりな感じになっちゃってますが、時間切れになってしまったのでこのへんで。。
(あとでしれっと手を入れるかもです。笑)

おわり。