読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FEELIN' GOOD!!

洋服|音楽|インターネット|などいろいろな|生活のなかの|どうでもいいけど楽しいことに|自分なりに|マジになってみたり|そんなブログです

今日の服|アウトドアテイストの街着|20161124

洋服 今日の服

今日は、3日分の服の写真のストックがたまっており、、、どうしよう…と思っています。。笑

いつもながら、毎日あんまり一貫性のないコーデなので、いつも通り1コーデ1記事で、ひとつひとつぼちぼち書いていきたいと思います!

 

まずは、木曜日のコーデ。

東京で初雪が降りました。午前中の気温2度とか、、、11月なのに、この寒さはこたえる。。

2-3cmは積もったと思います。

結局雪が上がったのは午後2時ぐらいでした。雪の中わさわざ外に出ることもないよねと思ったので、晴れ間がでてきた夕方に外出。

うちの周りの道の雪は溶けてきれいになっていました。なので、雨雪除けは考えず、こんな感じのコーデにしました!

f:id:kinoppi528:20161126011809j:image

Outer: Barbour(quilting jacket,black)

Vest: Patagonia(retro-X)

One-Piece: Johnbull(denim one piece)

Pants: adidas originals(track pants,black)

Socks: BEAMS BOY(wool high socks,snow pattern)

Sneaker: NIKE(air magma,swede sneaker)

気温がかなり低かったので、ダウンにしようか迷いましたが、なんとなくボリュームのある感じが気分じゃなく、キルティングジャケットで。裏地もついていて薄さの割にかなりあたたかいので、アウターはこれで大丈夫でした。(これ、勝手に拝借したダンナのジャケットですが…。笑)

f:id:kinoppi528:20161126011738j:image

ジャケットのインにフリースベスト→デニムワンピースと重ねました。

雪なのでロシア風の帽子のイメージで、ボアのハット。

f:id:kinoppi528:20161126011906j:image

上半身の重ね着。

この日、実はあんまり体の調子が良くなくて、これ以上重ねると服の重さで疲れてしまう気がしたので、、、見えないところで、インナーに着るTシャツをごつくしました。

LOCALINA MERIYASU の起毛の肌着を着て防寒。こんな寒い日にはぴったり。
これです↓

f:id:kinoppi528:20161126230856p:image

f:id:kinoppi528:20161126230929p:image

兵庫県加古川市のメリヤス編み工場で生産されている肌着。地厚で裏が柔らかい起毛でフカフカで、めちゃくちゃ保温性があります。お値段もいいので…わたしにとってはなかなか気軽に買い足す感じではないですが、ここぞ、の寒さのときにはお役立ち。

f:id:kinoppi528:20161126011915j:image

防寒対策も考えてボトムスはけっこう厚めで。
レギンス風にワンピースの下に細身のトラックパンツを履き、ウールの雪柄ハイソックスをルーズにたるませて上からかぶせました。
ワンピースが腰まで覆ってくれて、下に履いたものも分厚いのでかなり暖かかったです。

靴はナイキのエアマグマというスニーカー。防水ではないので、マウンテンブーツっぽいスニーカーっていうモデルだと思いますが、底が凸凹していてごついので、雪が上がって滑りやすいときに良いかな、と思いました。

 

防寒用途と重さを軽めにすることを中心に考えたのであまりまとまらないですが、基本的にはアウトドアコーデ。アウターをイギリスのバブアーにしたこと、ウール×ファーのハットにしたこと、パンツや靴をadidasNIKEにしたこと…など、アウトドアな雰囲気は含んでるけど本当のアウトドアウェアじゃないものを使うことでテイストを微妙に外してみたり、全体をモノトーンで抑えたことで普通の街着としてまとめてみたつもりです。。

 

何年か前、山ガールとかアウトドア女子とかがブームになった頃、わたしは全くのインドア派なのに、アウトドアっぽいファッションにかぶれていた時期がありました。笑

マウンテンパーカーとか、リュックとか、グッズとか…。夏フェスファッションとか…。

よく思い出せないけど、2008年ごろかな。。

ランドネという山ガール向けの雑誌を読んでファッションを真似たりしてました。

ランドネ 2016年12月号 No.82

登山もキャンプもバーベキューも結局やってないけど…(笑)アウトドア系のブランドを覚えたり、アウトドアウェアを見たり買ってみたりしたのはこういうオシャレなアウトドア雑誌がきっかけだったり。。
グラミチやワイルドシングス、グレゴリー、パタゴニア、ノースフェイス、ペンドルトンなどのアメリカのブランドのものも、この頃興味を持ったように思います。ビルケンもこの頃かな。。

 

アウトドアウェアやグッズは機能やデザイン、カラーリングなどがギアとしてスタンダードになっているものが多いし、丈夫で長持ちするので、以前買ったアイテムを今のコーディネートにも無理なく活かせるのが良いと思います。

アウトドアブランドが作っているけど、普段着としてデザインされている服も以前に比べて増えたような気がします。今はそういう服を買うことも多いです。

あの頃アウトドアウェアに興味を持って、かじった経験があって良かったのかもね、と思ったりしています。

相変わらず山には行きませんが…笑。

 

今回はこのへんで!

おわり。

 

広告を非表示にする